田舎から出てきたフリーターでも出来る7秒ムービーマネー!

田舎から出てきたフリーターでも出来る7秒ムービーマネー!

都会への憧れを持ち上京

田舎育ちの人なら誰しも都会への憧れはあると思います。
どんな華やかな街なのだろう。東京に住んでいる自分がカッコイイ!!
そんな憧れを抱き高校卒業後から上京しました。

東京は時給も高いって聞くし、仕事も溢れてるだろう。
もちろん生活する上で発生する費用は、田舎で暮らしていた時よりもかかることは分かっていました。

そんな軽い気持ちで上京してきたが故に、苦しい生活の始まりでした。
いくらバイトしても溜まるどころか足りない状態までに。

就職も考えましたが就職活動をする暇がないくらい生活がギリギリでした。
挙句の果てに消費者金融から借金をするまでに。

アルバイトの給料だけじゃ限界が来たので、死ぬ気で働こうとダブルワークを考えました。
そんなときある副業と出会い、僕は救われました。
今の時代だからこそ産まれた、この社会だからこそ稼げた副業を紹介します!

ネット社会からスマホ社会へ

まずはこのビジネスを知るまでになにが稼げるか、ということを調べたときに知れた現代社会の話をします。

パソコンが一家に一台普及されてからネット社会という言葉が出来ました。
インターネットサイトは盛り上がりを見せ、今やネットで検索してしまえばなんでも調べることが可能です。

ビジネスでももちろんインターネットが活躍していることは言うまでもありません。
そこでさらにネット社会を加速させたのはスマホの登場です!!今やスマホの普及率は72.2%と街を見渡せば皆が持っています。

スマホの登場により、一般の方がネットに触れる機会が絶大に増加しました。スマホ社会となった今、企業はスマホ向けの案件へと力の入れ方を変えていったのです。

Youtuber(ユーチューバー)の登場

このようにいつでもネットに触れる機会があると、好きなときに好きな曲を聴くことや好きな映画(動画)を見れるようになりました。
そこに目を付け、コンテンツを重視とした今の社会だからこそ産まれた新しい職業があります。それがYoutuber(ユーチューバー)です!

彼らは元々Youtube(ユーチューブ)で音楽や動画を楽しむ視聴者側の人間でした。しかし投稿のし易さから被視聴者となったのです。
では何故、Youtuber(ユーチューバー)は趣味ではなく職業と呼ばれているのか説明します。

Youtuber(ユーチューバー)が職業と言われているからには、何かしらから給与が発生している訳です。
誰しもがYoutube(ユーチューブ)で動画を投稿し視聴されると給与が発生します。

その給与の基準として、再生回数×0.14円という相場金額がつけられ一定額を越えれば振込という形で給与が支給されるそうです。
簡単に説明してしまいましたが、給与が支給されるまではいろいろと複雑な登録も必要なようです。

また人気Youtuber(ユーチューバー)ともなればその額も少し変わってきます。そのため上記では相場と書きました。
しかしながら人気Youtuber(ユーチューバー)の特権はなんと言っても広告費とスポンサー費です。

視聴回数が多いほど広告が見てもらえるという利点が職業への架け橋となりました。彼らは広告費とスポンサー費で職を確立しているのだと知れました。

僕にとってYoutuber(ユーチューバー)は芸能人同様でした。上京する前からYoutube(ユーチューブ)で見ていました。
ネットで稼ぎたいという興味を作ってくれたのもYoutuber(ユーチューバー)の影響であり、ここまで興味が持てたのだと思います。

動画で稼ぐ方法

しかしこのネット社会は幅広く、今や動画でお金を稼ぐのはYoutube(ユーチューブ)だけの特権ではなくなりました。
皆さんご存じのTwitter(ツイッター)・Facebook(フェイスブック)・Instagram(インスタグラム)・Ameba(アメーバ)などでも稼げるのです!

これらSNSサイトは誰でも参加出来て、誰でも見ることの出来る場となっています。Youtube(ユーチューブ)同様、全て閲覧数により報酬が出る仕組みとなっております。
人気Youtuber(ユーチューバー)同様、高収入を得ている方は広告会社やスポンサーによる収入が多いようです。

Instagram(インスタグラム)やAmeba(アメーバ)に関しては芸能人のユーザーが多いため趣味あるいは副業で行っている方が多いと思います。
動画で稼ぐと言えども多くの人はお小遣い程度の副業だと考えていますよね?

では多くあるSNSサイトや動画サイトで、どのように始めれば一番効率良く稼ぐことが出来、副業として定着するか気になりませんか?
副業をお考えという人はもちろんのこと、無関心の方でも興味を示せれば嬉しいです!

副業「7秒ムービーマネー」の登場

今回僕が紹介したい副業は「7秒ムービーマネー」です!!!まだ知名度の低い副業ですが、知ってる人もいると思います。
巷では密かに話題となっている副業で、今の時代に合った業務内容で一躍注目を浴びました。

Youtuber(ユーチューバー)が職業として確立されている今、次に新職業の確立としての期待がかかっている副業になります。
もちろんそのような期待がかかるということは高収入が見込めるという訳です。

さらにYoutuber(ユーチューバー)と異なる点とし、広告費・スポンサー費で収入に差がつくことはありません。
つまりは誰にでも高収入の獲得があるということです!!

広告会社・スポンサーが介入しないためにユーザーの差別化がYoutuber(ユーチューバー)比べて格段に緩和されています。
それでは誰しもに高収入獲得のチャンスがある副業「7秒ムービーマネー」を紹介していきます。

「7秒ムービーマネー」の業務内容

今回紹介します「7秒ムービーマネー」の業務内容ですが、名前にもなっている通りムービー=動画を撮ります。それでは報酬獲得までの流れを説明します。

1.動画を撮る

スマホを使用し、7秒の動画撮影を行っていただきます。まず動画で稼ごうって思う人はここで躓きます。
何を動画で撮ればいいのか?どんな動画を撮ればいいのか?僕も素人でしたので始めはそう思い込んでいました。

そこで「7秒ムービーマネー」は、そんな人たちのためにあるテーマを決めてくれたのです。それは、【食事の動画】を撮るということです!
人間が生きていく上で絶対的に必要な衣食住の文化。その中でも食に重点を置き、その時間で副業を行ってしまおうと「7秒ムービーマネー」は考えました。

素晴らしい考えだなと!!

衣食住の中の1つを副業の時間にすることによって、より生活に組み込みやすい副業となったのです。なにより副業は続けることが大事!
さらには7秒という動画時間のため、一瞬で終えることが出来るためにストレスも全く感じないと思います。

ご飯を食べているとき、お菓子を食べているとき、飲み物を飲んでいる時、食に関するあらゆる動画が対象となります。そのため気軽に撮影が可能です!

2.動画を送る

事前に登録したアカウント先へと動画を送っていただきます。さて、ここの作業が一番Youtuber(ユーチューバー)と異なる点と言っても過言ではないでしょう。
Youtuber(ユーチューバー)は実際に撮影した時間の何倍もの時間を動画の編集時間に費やします。試行錯誤しながら作業し最もセンスが問われる部分です。

しかし「7秒ムービーマネー」は手軽さが売り。撮った【食事の動画】を編集・加工なしでそのまま送れます。
動画を撮影してから送信終了まで1分もかかりません。

さらには1日当たりのノルマは決まっていなく、好きなときに好きな分だけ送って構わない形態をとっています。
ちなみにYoutuber(ユーチューバー)は人気度・知名度が命!そのため毎日1本の動画を何時間もかけて更新しています。

いかに「7秒ムービーマネー」が手軽な副業かご理解いただけたでしょうか?

 

生活の中に組み込みやすい【食事の動画】をテーマとし、いつ何時も持っているスマホで撮影し、編集・加工なしで簡単送信。
この手軽さ、時間効率の良さが、ユーザーはいつまでも続けやすく活躍できる副業なのです!!

「7秒ムービーマネー」の報酬の仕組み

では何故、たった7秒の【食事の動画】に報酬が出るのかを説明します。
ネット社会が故にコンテンツの移行が早く、つまりは人間の性で視聴者がマンネリするということです。

そのため画像コンテンツから動画コンテンツへと現在移行してきています。
Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)をご利用の方は実感しやすいことと思いますが、画像の広告よりも動画の広告が明らかに増えているのが目に見えます。

そのため現在、動画コンテンツに需要が傾いております。さらには食に限定することにより、飲食企業は目を向けてくれます。
「7秒ムービーマネー」に集められた【食事の動画】を広告やPRの素材とし、経費を抑えた上での宣伝を行うことを可能としました。

そのため「7秒ムービーマネー」のユーザーと飲食企業を繋ぐ役目として「7秒ムービーマネー」は存在し、ユーザーは報酬を手に入れることが可能となりました。

始め僕は都会特有の詐欺サイトだな!と思っていました。しかしこの報酬の仕組みを知れて納得し安心して始めることが出来ました

実際どれくらお金が稼げるのか?

登録費は無料、更新費も無料、初期費用は一切かかりません。そのためマイナスの状態からスタートしないので与えられた報酬は全て稼ぎとなります。
僕も「7秒ムービーマネー」のユーザーの一人ですので自例を元に説明します。

約半年前から「7秒ムービーマネー」を開始しました。一日に送る動画の上限はありませんが、まずは続けることを大切にし朝昼晩の三食の時間に動画を撮影し送信していました。一か月ずつの報酬となりますので、翌月を楽しみに歯を食いしばりギリギリの生活を送っていました。さて、報酬を確認しますと12万8000円の表示が!!!!

こんな簡単な作業でこんなに報酬が出るのは驚きでした!!
初月の半ばくらいから動画を撮る際に、副業という感覚が全くなくなっていたので、生活に溶け込んだ証拠だと感じました。

そして今では朝昼晩の三食の時間以外でも、外で食べ歩きしているときやアルバイトの休憩中などでも動画を撮るようにし月収28万円まで到達することが出来ました。
今ではお陰さまで借金を完済することが出来、ようやく東京で華やかな生活が送れています。

中には月収50万円の方もいるみたいなので、もはや副業という枠を超えた報酬が見込めます。
送信する動画が多い方が報酬がいいですが、まずは習慣づけから始めるのが良いと感じました。ストレスフリーで行えるのがユーザーにとても優しい点ですから。

欠点(デメリット)

まず「7秒ムービーマネー」はスマホ向けのビジネスになります。準備しなくとも動画撮影が可能であり、すぐに確認・送信が可能な機器です。
デジタルカメラやビデオカメラで撮影をし、一度パソコンにアップロードしてから「7秒ムービーマネー」に送信するのも可能ではあります。

しかしパソコン作業の手間やカメラの購入費・修理費を考えるとお勧め出来ません。なんと言っても手軽さが素晴らしい副業!!
そのため「7秒ムービーマネー」を始める上でスマホが必要という点はデメリットだと思いました。

始め方・必要なもの

各種SNSサイト同様、アカウントの登録から行ってもらいます。決して難しいことではないで気軽に思って下さい。
それに当たって必要な資格や準備していただく書類は一切ありません。また報酬を獲得するための口座が必要となりますので、お持ちでない方は口座開設をして下さい。

アカウントの登録と口座の登録が終わりましたらすぐに始められます。翌月から報酬を受け取れ楽しい生活が出来ますよ!

始めてからの注意事項

【食事の動画】を取る際、顔を入れる必要はありません。自分の顔を写すことも可能です。
ただ自己責任なことが多いので、プライバシーの関係で良い思いをしなければ止めた方が良いと思います。

また報酬目当ての暴飲暴食は絶対に止めた方がいいと思います。
健康を害してまで続けるものではないと思いますし、「7秒ムービーマネー」は生活に組み込んだ習慣化を目的としています。

まずは自分の生活に合った作業を行い、自分の生活の中で動画撮影の回数を増やすことをお勧めします。楽しくない副業は絶対に続きません。
さらに、むやみな動画の撮影も控えるべきだと考えます。今撮影していい場である、今は失礼に当たるという認識をしっかり持つことが重要です。

飲食店によってはスマホでの撮影が禁止されているところもあり、最悪の場合罰を受ける可能性もあります。
自己判断の部分ではありますがめりはりのある作業をし、空気を読むこと!気を使うこと!を心掛けましょう。

動画の良し悪し

基本的には編集・加工なしで送信して報酬が与えらる副業です。
しかし動画にも良い動画・悪い動画とあります。ブレブレで画質が悪い動画よりも、見やすく画質が良い動画の方が視聴者は良い印象を持ちます。

そのため良い動画には企業側は高い価値を付けてくれるのです。
そこで実体験を踏まえた上で、少し意識するだけで変わる動画撮影時の簡単なコツを教えます。

1.パンとティルト

写真を撮影するときも同じですが、スマホ本体を動かしてしまうとブレた動画になってしまいます。
ブレた【食事の動画】ともなりますと、綺麗で美味しそうな食事でも伝わらない可能性が大きいと思います。

またブレが生じ過ぎる動画は動画酔いを引き起こす要因ろなり、返って視聴者に悪いイメージを与えてしまうこともあります。
動画撮影の技術においてパンとティルトという言葉があります。

パンは左右を、ティルトは上下を意味し、水平垂直にスマホ本体を固定させたまま動画を撮影する技術になります。
特にこの技術は幅広い場所や高い位置から撮影するときに活用されます。

何も考えずに安易にパンとティルトで撮影を行うと、逆に悪い動画になってしまうかもしれません。なので始めのうちはスマホを固定してでの撮影を心掛けましょう。
固定させるためのスマホ用のスタンド等をお持ちの方はしようすると良いですし、道具がない方でも工夫次第で完全に固定された状態の動画撮影が可能でしょう。

2.ズ―ム動画の難しさ

ズーム撮影を行うことによって食べ物の繊細な部分を撮影できたり、迫力のある動画を撮影出来ます。
迫力のある動画は視聴者にインパクトを与え企業側も高い価値を付けてくれることでしょう。

しかしズーム撮影は通常よりも手ブレを誘発してしまうというデメリットがあります。
高等技術となりますので経験と知識を踏まえた上で、必要かどうか考えるべきでもあります。

スマホ用スタンド等を使って完全な固定が保証されている環境では活用出来る技術となるので、インパクトある動画を撮影してみてはどうでしょう。

3.撮影時間を長くすること

いざ撮影動画を見てみると、意外と短かったりすることがあります。
そのため撮影時間を長めにした動画撮影を意識してみましょう。

時間を長めにした動画を撮影することにより、良く撮れていたところのトリミングも可能となります。
また動画の付け足しも可能ではありますが、一貫性を欠く動画となってしまう場合もあるので長めの撮影を心掛けましょう。

またいずれも編集作業が必要となりますので知識を身に付けて作業して下さい。
体感時間はあくまでも体感時間であり、日によって誤差も出るものです。そのためストップウォッチなど時間を測れるものを使い撮影するのもいいでしょう。

4.明るさを気に掛けること

サラダなど色とりどりの綺麗なものを撮影するときは特に気を掛けて欲しいです。目で見たものをそのまま動画に残したい気持ちは誰だってそうだと思います。
しかしカメラのレンズによって異なる点や映像の限界はあります。そこで少しでも色を綺麗に残すためには明るさが大切となってきます。

明るすぎる場合は角度を変えてみたり、暗すぎる場合は光を入れてみたり。経験していくうちに程良い明るさの感覚を掴めてくると思います。
また本格的に行いたい方は100円均一でも売っているレフ板を使ってもいいでしょう。総合的にクオリティの高い動画が仕上がります。

5.なにも考えないこと

撮影技術は様々なものがありますが、あえて自身のインスピレーションの赴くままに撮影することが一番個性のよく出た良い動画という場合もあります。
考え過ぎて嫌になるよりはるかに良い方法です。私が一番使う方法でもあります。似たような綺麗な動画をたくさん撮影するよりも絶対に需要のある動画だと思います。

楽しくなにも考えずに撮影することがもしかしたら最良の手法なのかもしれません。

考えるな!感じろ!ですww

以上が「7秒ムービーマネー」を始めて動画を撮影をする上で体感したことです。
私自身、プロのカメラマンではないので正しいアドバイスではないかもしれません。

しかし素人カメラマンだからこそ悩み、考えたことなので少なからず参考になると思います。
「7秒ムービーマネー」のユーザーは皆、拘りの【食事の動画】を撮るために独自の手法を持っているかもしれません。

またそれも1つの楽しみとして探すのも面白いと思います。
是非、上記のコツを撮影する際の参考にしてみて実際に比べてみて下さい。

自分なりの素晴らしい動画を作れることを応援しています!

最後に

今回私が紹介した「7秒ムービーマネー」ですが、なんと言っても手軽さと効率の良さが素晴らしい副業となります。
そのため副業のためにわざわざ時間を欠くことに抵抗がある方にはとても良い条件下で作業できるものだと思います。

さらにはYoutuber(ユーチューバー)との比較で知れていただいたと思いますが、稼ぐためにもとても楽で効率的なのです。
「7秒ムービーマネー」のおかげで、食に関する興味を持つことが出来ましたし、なにより食事の時間が一層楽しくなりました。

今ではバイト仲間にも紹介し、皆でより楽しい食事の時間を過ごせています。僕の場合飲み会ですw
また、しっかりと三食とる生活が定着し健康面でも良い傾向となりました。

こんなにもプラスをもたらす副業は滅多になく、皆さまにも是非実感していただきたく紹介させていただきました。
一番最初始めるときは不安しかありませんでした。

住めば都ではないですが、改めて挑戦することの大切さを感じることが出来ました。
僕の都会生活を支えていることは言うまでもない事実です。本当に始めて良かったです。
副業、仕事とは考えずに趣味感覚で始めてみてはいかがでしょうか。

「7秒ムービーマネー」に出会えて感謝しています。

このページの先頭へ